NZのオークランドはロックダウン66日目となります。

本日10月22日(金)の市内感染者は129件で、日々の感染者数の最高数をまた更新することになりました。

政府は新しいロックダウンにおいてのTraffic light ststem(信号システム)を発表しました。
NZの地域保健委員会における2回目のワクチン接種率が90%に達した時点で実施される予定です。新システムは、「緑・オレンジ・赤」の3つのレベルから成り、いずれのレベルにおいても、ワクチン接種が完了していれば、経済活動、学校運営などが基本的に可能となる見込みです。

2回目のワクチン接種率(2回目完了)が90%に達した時に、全国一斉に新システムの「オレンジ」に移行する予定ですが、オークランドのみ、オークランドの3つの地域保健委員会において接種率90%を達成したら、単独で新システムの「赤」に移行されます。
https://www.nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-pm-jacinda-ardern-reveals-nzs-new-traffic-light-system-90-per-cent-vaccination-target/2GKTYBQ7K34VGFTA33YFXJZF5M/


本日の感染者のうち、120件はオークランド、9件はワイカトです。感染者のうち64件は感染経路が判明していますが、65件は経路不明で調査が続けられています。
ワイカトの9件はすべてこれまでの症例と感染経路が確認されています。

本日10時の段階で、現時点で396カ所の locations of interestが登録されています。

感染者のうち、入院している人は51名に達しています。8人がNorth Shore、18人がMiddlemore、24人がオークランド、1人がワイカトで治療を受けています。5人がICUで治療を受けています。



10月22日は41,294件のワクチン接種が行われています。うち10,066回は1回目の接種で、31,228回は2回目の接種です。
現時点でのワクチン接種率については、2回接種済が68.9%、1回接種済は16.9%、未接種は14.1%となります。

6,516,515 人のキウイのうち、86%(3,614,484人)が1回目の接種を終え、69%( 2,902,031人)が2回目の接種を終えています。


接種対象人口のうち2度のワクチン接種率が90%を超えたときにTraffic light ststemに以降する予定です。Traffic light ststemはワクチン証明書を用いて、ビジネスなどをいつでも行えるようにする予定です。政府は引き続き小規模の限られた地域でロックダウンを行う権利がありますが、国全体でもロックダウンは終了となります。

ここ数日感染者数は大幅に増えていますが、専門家たちは感染者数はより増えていくと予想しています。




<在外選挙の投票期間>
20日から在外選挙の投票も始まっています。
オークランド総領事館は24日まで投票が可能です。
投票の際は各公館の開館時間を確認のうえ、マスクなど感染対策に気を付けて投票に向かいましょう。

【動画あり】10/20(水)からは、衆議院選挙の在外投票へ!
http://restoftheworld.livedoor.blog/archives/27680194.html



参考記事:https://www.nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-129-cases-as-pm-unveils-road-map-out-of-lockdown/VEU6XHEZHJJ23QRCHD3LKA72RM/
https://www.nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-pm-jacinda-ardern-reveals-nzs-new-traffic-light-system-90-per-cent-vaccination-target/2GKTYBQ7K34VGFTA33YFXJZF5M/

ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!