新しい世界 in NZ

NZよいとこ一度はおいで。

September 2021

大ニュースです。

2021年9月30日、NZでコロナウイルスの感染拡大以後も働いていた技能移民に対して、政府は一度限りの居住権ビザのシステムを発表しました。
この新しい永住権は16万5千人の移民労働者とその家族が対象になるとのことです。

申請は、特定の対象者の申請が2021年12月1日から開始となり、2021年3月1日から全ての対象者が申請可能となり、2022年7月31日まで申請可能です。


【対象者】
対象となるのは、2021年9月29日時点でに対象のビザでニュージーランドに滞在していて、2021年9月29日時点で対象となるビザを保持している、またはもしくは申請した方となります。

また、下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

ー 3年以上ニュージーランドに滞在している
ー 時給$27ドル以上で働いている
ー 人材不足分野で働いている

【対象となるビザ】
以下のビザを保持している方は対象となります。

ー Post Study Work Visa
ー Talent (Accredited Employer) Work Visa
ー Essential Skills Work Visa
ー Religious Worker Work Visa
ー Talent (Arts, Culture, Sports) Work Visa
ー Long Term Skill Shortage List Work Visa
ー Silver Fern Practical Experience Work Visa
ー Trafficking Victim Work Visa
ー Migrant Exploitation Protection Work Visa
ー Skilled Migrant Category Job Search Work Visa
ー Victims of Family Violence Work
ー Visa South Island Contribution Work Visa
ー Work Visa granted under Section 61 (provided the applicant held another eligible visa type within 6 months of being granted a Section 61 visa)
ー Some Critical Purpose Visitor Visas (CPVV):
ー Critical health workers for longer term roles (6 months or longer), and
ー Other critical workers for long term roles (more than 6 months).


詳しい要件は移民局のページをご参照ください。
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/already-have-a-visa/one-off-residence-visa

要件に該当するかのチェックはこちら
https://www.immigration.govt.nz/formshelp/one-off-residence-checker


今回明らかになった内容を見る限り、通常の永住権申請よりかなりハードルが低くなっています。
何と英語力証明や警察証明の提出も必須要件となっていません。(ケースに応じて提出が必要となる場合はあるかもしれませんが)
16万人以上が対象となることもあって、審査自体もかなり簡素化されるのではないかとの見方もあります。



コロナ禍でもNZで必死に働いてきた移民の方々にとっては大変に喜ばしいニュースです。

・・・のはずです、

なんですが・・・







私事なんですが9/29の直前にワークビザが切れたので、ほんの数日の差で永住権の申請要件に該当しませんでした。
ちょっとショックで身動きできませんね・・・

<追記>
こちらの永住権に関して、対象者をより拡大すべきだという請願も立ち上がっています。
NZで長年働いていても、9/29の段階でビザの切り替え中であったり、ワークビザから学生ビザに切り替えていた人は対象から外れてしまうため、アンフェアだとの声も上がっています。
署名事態に法的効力はなものの、少しでも政府に声が届くとよいのですが。

署名ページはこちら:
https://www.change.org/p/new-zealand-government-expand-eligibility-for-the-2021-one-off-resident-visa



参考記事:https://www.nzherald.co.nz/nz/immigration-minister-kris-faafoi-announces-residence-pathway-for-165000-migrant-workers/WBSWCXOOJT4TUEPG5NQBHMKVCY/https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/already-have-a-visa/one-off-residence-visa
https://www.beehive.govt.nz/release/one-residence-pathway-provides-certainty-migrants-and-business


ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!


NZのオークランドはロックダウン44日目となります。

本日9月30日の新たな感染者は19件で、うち18件はオークランドとなります。残りの1人はMangatangi Schoolに通っていた子供で、隔離されています。また、感染者のうち1人は隔離施設で働いていた人が含まれています。今日の感染者のうち16件はこれまでの感染者と関連しています。
保険局長によれば、今後30件の感染が出るとみられています。

アーダーン首相は、たとえオークランドがLevel2になったとしても、オークランドの境界はLevel2の制限を維持すると述べています。

西オークランドでクラスターが発生していたため、オークランドはロックダウンとなっていますが、アーダーン首相はヘンダーソンとパパ蔵地域の人々は例え症状が軽いものであっても検査を受けるよう促しています。
「すべての人が2度のワクチン接種をする必要があります。この感染拡大においては、3%の人しか2度のワクチン接種を受けていない」とのことです。
90%のワクチン接種率は可能だった、65歳以上の人々の92%は1回の接種を完了している、とのことです。

オークランドの93%の人々が1回のワクチン接種を完了したとのことです。NZ全体では接種対象者の77.5%が1回の接種を完了したとのことです。


29日のワクチン接種は40,874件行われています。
現時点でのワクチン接種率については、2回接種済が45.0%、1回接種済は33.0%、未接種は22.0%となります。


また、NZでコロナウイルスの感染拡大以後も働いていた技能移民に対して永住権を発行すると発表されました。
この新しい永住権は16万5千人の移民労働者とその家族が対象になるとのことです。

こちらについてはまた記事を改めたいと思います。



参考記事:nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-45-new-cases-today-12-are-unlinked-new-christchurch-miq-facility/4MUA6MR5XYQYGO7OODO3PCV4EI/


ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!



こんにちは。TTです。


0926Takeaway
ようやくオークランドの警戒レベルが3に下がったので、
テイクアウェイが可能になった街の様子などをまとめてみました。

動画の視聴はこちらからどうぞ↓


よろしければ、チャンネル登録、高評価ボタンなどぽちっとお願いいたします。





NZのオークランドはロックダウン43日目となります。

本日9月29日の新たな感染者は45件で、すべてオークランドとなります。うち12件が感染経路不明のケースでます。昨日までよりかなり感染者数が増えています。

現在入院している人は14名で、3名がICUまたはHDCで治療を受けています。

カンタベリー大学のPlank教授によれば「それは日に燃料を注ぐようなものだ」と、この感染者数で来週からオークランドが警戒レベル2に移行するにはリスクがあると述べています。

Hipkins大臣によれば、本日の症例の多くは南オークランドで、郵便番号に基づくロックダウンを検討するかどうかと尋ねられて、他の地域で働く人の移動もあるため、オークランドでは難しいだろうと述べています。
来週月曜に今後の警戒レベルが見直される予定ですが、感染経路不明のケースがどれだけあるかが重要になるとのことです。

今後、ワクチンを接種したオークランドの住民において規制が緩和されるかどうかについては、将来的にその可能性があるとのことです。ただ、その具体的な時期は明言されていません。


28日のワクチン接種は44,609件行われています。
現時点でのワクチン接種率については、2回接種済が44.3%、1回接種済は33.3%、未接種は22.4%となります。
Hipkins大臣によれば、NZのワクチン接種対象人口のうち78%が1回目の接種を完了しているとのことです。過去7日間で20万人が2回目のワクチン接種を完了し、総計で180万人に及びます。

感染発生以降、オークランドの感染者のうち965人がすでに回復しています。


急に感染者が増えていますので、先週にテイクアウェイが解禁になって気が緩んでいるのでしょうか・・・やや心配ですね。引き続き、外出時も気を引き締めて行動しましょう。



参考記事:nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-45-new-cases-today-12-are-unlinked-new-christchurch-miq-facility/4MUA6MR5XYQYGO7OODO3PCV4EI/


ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!



NZのオークランドはロックダウン42日目となります。

本日9月28日の新たな感染者は8件で、すべてオークランドとなります。うち1件が感染経路不明のケースで既に病院に運ばれています。
現在入院している人は14名で、3名がICUで治療を受けています。

アーダーン首相は、オークランド内外との移動規制を今夜11:59から緩和することを発表しました。
もし移動が恒久的な場合、ケアの手配をする場合やレベル3からレベル2の地域へ移動する場合、人々はオークランドからLevel2の地域へ移動することが出来ます。移動の72時間前以内に検査が必要となります。ケアギバーはオークランドの国境を超える場合、7日以内の検査が必要となります。人々は疾患がこと、また移動の理由証明を持参しなければいけません。

政府は、地域を超えての引っ越しが遅れたなどのロックダウン中の損失補償については考えていないとのことです。しかし、すでに高いリスクの地域にいるため葬儀が残っているなどは、ケースバイケースであるとのことです。

政府は今夜6時から、新たに3800の隔離施設(MIQ)の部屋のオンライン予約を開始するとのことです。
MIQは10月、11月s、12月の隔離に向けたものです。12000の人々がクリスマスに向けて戻ってくるため、より多くの部屋が必要になるとアーダーン首相は述べています。

デルタ株の市内感染者がオークランドで発見されてから6週間となります。ワクチン接種率はアラートレベルに影響しませんが、NZの将来には影響すると首相は述べています。

また、9/23にタウランガの排水にて陽性反応が確認されています。そのためより広い地域のサンプルが接種され、木曜には結果が出る予定です。
保険局長は、タウランガの人々に排水検査については心配しないようにと述べています。
陽性反応はタウランガ、ケンブリッジ、ハミルトンを訪れて陽性反応だったトラックドライバーと関連するには「痕跡から離れすぎている」とのことです。



昨日は6909件の検査が実施されています。
5万人以上のエッセンシャルワーカーがすでに検査を受けています。


27日のワクチン接種は40,706件行われています。
現時点でのワクチン接種率については、2回接種済が43.6%、1回接種済は33.7%、未接種は22.7%となります。

オークランドは来週木曜まであと1週間はLevel3が続きます。月曜の内閣会合で警戒レベルの見直しが行われる予定です。




参考記事:https://www.nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-eight-new-cases-infected-person-at-waitakere-hospital-auckland-travel-restrictions-to-ease/VBZWQOQA4PCGZFQLL4NNDU4TQQ/

ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!


オークランドは先週より警戒レベルが3に下がり、テイクアウェイやドライブスルーの利用が可能になりました。

テイクアウェイ欠乏症になりそうでしたので、さっそく週末に買いに行きました。
IMG_0394


daldangというNewmarketのお店に行きました。
以前から気になっていたマカロンのお店です。
GOPR2704
こちらは店内飲食のスペースはないので持ち帰りのみになります。

マカロン(Factaron)とダックワース(Dacquise)がありますが、マカロンにしました。
1個は4.5ドルですが、6個買うと25ドルなのでちょっとお得です。12個買うと48ドルなのでもっとお得です。
私は6個入りを買うことにしました。



GOPR2707
メニュー表を見ながらフレーバーを選びます。
残念ながら午後の時間は一部のフレーバーが売り切れてしまっていました。
今回食べ損ねた酒類は、次回早い時間にリベンジしようと思います。


GOPR2706
支払いは振り込み対応でした。その場でオンラインバンクで振り込みを行い、レシートを店員さんに確認してもらえば会計完了です。


IMG_0390IMG_0389
箱や袋も可愛いですね。


IMG_0392
中身はこんな感じです。


IMG_0396
サクっとしたマカロンでクリームを挟んでいます。1個でも味がしっかりしていて食べ応えがあります。
冷凍しておけば2週間は保存できるようなので、少しずつ食べようと思います。


IMG_0393
フタにこんなメッセージが。お店の人のこんな気遣いも嬉しいですね♪


お店の公式サイトはこちら:https://www.daldang.co.nz/flavours


ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!


NZのオークランドはロックダウン41日目となります。

本日9月27日の新たな感染者は12件で、すべてオークランドとなります。うち2件が感染経路不明のケースとなります。過去7日間の平均感染者数は15件で、先週の17件、その前の週の19件よりは減少しています。
現在入院している人は13名で、4名がICUまたはHDUで治療を受けています。

昨日は6909件の検査が実施されています。

26日のワクチン接種は24,710件行われて、うち8182件が1回目の接種になり、16,528件が2回目の接種になりますオークランドの人々の82%が1回の接種を完了したことになります。
現時点でのワクチン接種率については、2回接種済が42.9%、1回接種済は34.1%、未接種は23.0%となります。


昨日はClover Park, Māngere, Favona, Ōtara, Manurewa, and Mount Wellington/Sylvia Parkでは、705件の検査が実施されました。保険局は、引き続き、感染の懸念がある場合やlocation of interestを特定の日時に訪問した場合、また症状が軽い場合でも検査を受けるよう求めています。

オークランドはロックダウンから40日経過しています。ロックづ案のルールを守るようにという政府の警告にもかかわらず、週末にはMission Bayのビーチなどは多くのアクティビティをする人が集まっていました。多くの人がルールを無視しており、退陣距離を保つことなくビーチや水辺で過ごしています。

アーダーン首相は来年に向けて国境をどのように開いていくかについての政府の計画を繰り返し述べました。改めて国はウイルスをの戦いを続けていくこと、また元のように生活できるためにNZの人口における高いワクチン接種率が必要であることを示しました。


Level3になったとはいえ、まだロックダウンであることは変わりないわけで、ルールを守らない人がいるのは困りますね・・・。これ以上感染者を増やさないためにも、引き続き気を引きしめていきたいものです。




参考記事:https://www.nzherald.co.nz/nz/covid-19-delta-outbreak-twelve-new-cases-today-two-yet-to-be-linked-to-other-cases/FOSLP6NOZS6WSODVNDU3YKAILQ/

ランキング参加中です。ポチっとおねがいします!


↑このページのトップヘ