新しい世界

後ろ向きに前に進んでいたらニュージーランドに来てました。

お久しぶりです。TTです。

ニュージーランドは6月中旬頃から、Matarikiというマオリの新年のお祭りシーズンに入ります。
Matariki Festivalで各地でイベントが開かれますが、ブリトマートの駅でハンギが食べられる!と聞いて早速行ってきました。

Hangi(ハンギ)とはマオリの伝統料理で、地熱でゆっくり作る蒸し料理です。


Hangi at Britmart
http://www.matarikifestival.org.nz/2019/hangi-at-britomart-1/


IMG_1447


IMG_1448
ここでじっくり蒸しているようです。

IMG_1446
こちらがハンギ。Hangi Tuturuという料理のようです。
ハンギのサンドイッチヤパイもありましたが一番ボリュームの多そうなものを選択。
豚肉、鶏肉のほか、ポテトやクマラ、かぼちゃ、キャベツなどの蒸し野菜もたっぷりです。

ソースなどは使われていないので、素材の味が生きている!!という感じです。
ちょっと物足りない人は塩コショウしたほうがいいかも?

IMG_1449

Maori料理が食べられる屋台はQueens Wharfに出ているみたいですね。
The Maori Kitchen:https://www.themaorikitchen.co.nz



ポチっとおねがいします!

どうも、TTです。すっかりコート必須の季節になりましたね。
オークランドは比較的暖かいのですが、それでも慣れていないとNZの寒さは堪えるんですよね。

5/13より、Essential Skills Work Visa(技能ワークビザ)保持者が、家族のビザをサポートする場合に必要な最低賃金が変わりました。例のごとく国内賃金の上昇に伴って上がりました。

(宗教活動に必要なビザなど他の就労ビザの場合も変わったのですが、おそらくこのブログ読んでいる人でまっさきに関係あるのはEssential Skills Work Visaだと思われますので他は割愛。詳しくは参考記事のリンクをご確認ください)

Essential Skills Work Visa保持者で被扶養者の子供がいる場合、また子供のビザがパートナーのワークビザに依るものである場合、年収でNZ$42,944.20以上が必要となります。
時給換算するとNZ$23.60なります。(週35時間労働フルタイムの場合)

この場合の「パートナーのワークビザに依る」とは、どういうことかというと、ですね。

Essential Skills Work Visa保持者は、一定の条件を満たせば家族のビザをサポートすることができます。
ビザ保持者のパートナーはオープンワークビザ(職業や雇用主を自由に選べる就労ビザ)を取得できます。さらに、オープンワークビザ保持者が子供と一緒にNZに滞在する場合は、子供のビザをサポートできます。
つまり、子供(高校生以下)はDomestic Student扱いで就学できるということですね。

逆に言えば、Essential Skills Work Visa保持者が上記の年収値に達していない場合、子供はDomestic扱いにならないので、留学生料金になってしまいます。
現地学生の学費が原則無料(寄付金が必要な場合はあります)なのに対し、留学生料金は公立で年間NZ$15000程かかりますので、家族でNZに滞在する場合の費用が大きく変わってきます。子供が2人以上ですと死活問題ですね。

上記のNZ$42,944.20という年収閾値は、Essential Skills Work Visa保持者の技能帯を分ける閾値とは異なりますので、注意が必要です。

現在、Essential Skills Work Visa保持者は、職業のスキルレベルや給与値によって高技能、中技能、低技能に区分されます。この技能帯によって最大滞在可能年数などが異なってくるため、Essential Skills Work Visaから永住権を目指す方は収入値にも気を配らなければいけません。

2019年5月現在、中技能と認められるにはANZSCO1-3の職業、かつ時給NZ$21.25である必要がありますが、中技能であっても、年収がNZ$42,944.20に達していない場合は家族のビザをサポートできないことになります。

Essential Skills Work Visaの技能帯については移民局のサイトをご参照ください。

Employment Skill-bands for Essential Skills Work Visas:
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/tools-and-information/work-and-employment/employment-skill-bands/employment-skill-bands-for-essential-skills-work-visas


参考記事:  https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/minimum-income-changes-for-some-visa-holders


ポチっとおねがいします!

5月4日はスイスマーケットに行ってきました。こちらのマーケット、10周年だそうです。

場所はペンローズ(Penrose)の駅から徒歩10分ほど。
ペンローズは、自動車整備工場と住宅街ばかりで、普段はこれと言って遊びに行く様な場所ではないのですが、静かな風景が気に入っています。

IMG_1403IMG_1383
昼過ぎに訪れたらなかなかの人だかり。

IMG_1387
民族音楽の演奏も。

IMG_1389IMG_1391
IMG_1405IMG_1412
IMG_1385IMG_1386




IMG_1411
スイスといったら美味しいチョコレートですよね。お目当てのチョコレートのストールは大人気でした。


IMG_1398IMG_1399
バニラ味とフィジョア味と迷ってフィジョア味を購入。



IMG_1394IMG_1393
残念ながらお目当てのチーズやパンは売り切れでした。やはりマーケットは朝早く来なくてはいけませんね。


IMG_1402
ソーセージを焼く美味しそうな匂いが漂ってきたので購入。

IMG_1401
焼き立てのソーセージをパンにはさんだものと、ホットチョコレートをいただきました。


IMG_1404
外のイートインスペースでもアコーディオンの演奏が響いていました。のどかな午後です。


スイスマーケットの公式ページは下記になります。



Swiss Market:
https://www.facebook.com/swissmarketday/



ポチっとおねがいします!

4月の最終日曜はティティランギのTitirangi Village Marketに行ってきました。
こちらのマーケットは毎月、最終日曜の朝から開催されています。

IMG_1317

ティティランギはアーティストが多く住んでいる街としても知られています。
マーケットの開催場所であるTitirangi War Memorial Hallまでは、シティ中心部からだと電車でNew Lynn駅まで行ってそこからさらにバスを乗り継ぐ必要があります。

IMG_1318IMG_1348


外はあいにくの小雨模様でしたが、かなり多くの人で賑わっていました。

IMG_1320IMG_1366
IMG_1322IMG_1367
IMG_1359IMG_1360
こちらは外のストール。


IMG_1328IMG_1324
IMG_1326IMG_1325
マッサージ?ができるコーナーもありました。


IMG_1346
パン大好き人間なので、マーケットでパンが売っているとつい買ってしまうんですよね。




IMG_1365IMG_1363
こちらのお店で、ハンドクリームを試しに手に塗ってもらいましたがとてもいい香りでした。
エジプト発祥だそうです。


IMG_1349
お昼ご飯にクラムチャウダー入のパンを購入。ホカホカのサクサクでとても美味しかったです。


IMG_1336
建物の中にも入ってみると、体育館のようなスペースにも所狭しと出店が並んでいます。



IMG_1334IMG_1335
IMG_1338IMG_1339



IMG_1353IMG_1355
IMG_1344IMG_1345


IMG_1350
「これなんですか?」と聞いたところ、"Menstrual Cup"といって、女性が生理の時に体内に入れて使うのだそうです。右は布ナフキンで繰り返し使えて体にも良いのだとか。


IMG_1333IMG_1332
奥にはイートインスペースや、生演奏も。



マーケットの開催時間は2時までですが、1時半くらいから店じまいするところもあるので早いうちに行くのがおすすめです。

次回のティティランギのマーケットは、は5月の23日に開催予定ですので
お時間ある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。


ティティランギのマーケットの開催日は下記のページからチェックできます。
https://www.facebook.com/titirangivillagemarket/



ポチっとおねがいします!

2019年の10月1日より、ニュージーランドの観光ビザが変更となります。
今まで、日本のようにビザ申請を免除されている国から3ヶ月以内の観光であればパスポートさえ保持していれば入国できました。

10月以降は、3ヶ月以内の観光でも、NZに入国する場合、また乗り継ぎでニュージーランドを経由する場合、
NZeTA(New Zealand Electronic Travel Authority)という通行許可の申請が必要になります。
すでに学生ビザやワークビザなどを持っている人は、NZeTAの申請は必要ありません。

このNZaTAですが、申請してから発行までに最大72時間かかるとのことでsyので、渡航前に余裕を持って申請しておきましょう。

また、NZeTAの申請には費用がかかり、モバイルアプリの場合はNZ$9、オンライン申請の場合NZ$12かかります。

上記申請費用に加えて、IVL(International Visitor Conservation and Tourism Levy)という観光税が1人あたりNZ$35かかります。これは大きい…観光はNZの産業の柱なのに、観光収入が減ってしまうんじゃないだろうか…なんて余計な心配をしてしまいますが。

NZaTAの申請自体は7月から可能です。10月以降にNZへ渡航の予定を立てている方は要チェックですね。


詳しくは移民局のサイトをご参照ください:
https://www.immigration.govt.nz/about-us/what-we-do/our-strategies-and-projects/eta-new-requirements





ポチっとおねがいします!

↑このページのトップヘ